admin のすべての投稿

格安スマホの楽天モバイルの通信速度や評判などを調査

楽天モバイルって?

MVNOの一種である楽天モバイルでは、格安のSIMおよび格安スマホを提供しています。この格安SIMや格安スマホというのは、他社から乗り換えるとつき具期の支払いがとても安くなるというものです。毎月の利用料金が1,250円と格安なスマホは高い注目を集めています。またdocomo回線を利用しているため、通話品質、サービスエリアもNTTドコモの利用時と全く変わりません。さらに嬉しいのは、楽天モバイル契約中は、楽天市場で買い物して獲得したポイントが2倍になるという魅力的な特典があることです。楽天モバイルへのMNPを検討している方の為に、楽天モバイルのキャンペーン情報・速度情報などをまとめました。楽天モバイルの良い所、悪い所を分析してみました。

docomoネットワークを使った格安スマホ!

楽天の提供する格安スマホはdocomo回線を使用しているのです。言うまでもありませんが、ドコモと完全に同一の通話品質を享受できるほか、対応エリアが広く、圏外も少ないので、安心して使えます。楽天モバイルではdocomoのスマホならほとんどの機種が利用できるようになっています。当然、楽天モバイルでセット販売がされているスマホを購入し、使用することもでします。ドコモのスマホをもっている場合、SIMカードのみを契約すれば使用することができるので、高額なスマホを新しく購入する必要もありませんので、とてもお得です。楽天モバイルは信頼性の高いドコモの回線を比較的安価で利用できる格安スマホサービスと言って良いでしょう。

SIMフリースマホが大量

楽天モバイルの契約をするにあたって対応する端末をお持ちでない場合、スマホ本体を新規で購入しなければなりません。楽天モバイルでも販売されているスマートフォン本体は、他のMVNOに比べて非常に豊富な機種を取り揃えているのが特長です。スマートフォンよりも大きな画面をご希望の方のために、タブレットも豊富な種類を取り揃えています。だたし、楽天モバイルを契約する際には一つだけ注意することがあり、楽天カードの会員のみが、端末代を支払う際の分割払いサービスを受けられるということです。楽天カードをお持ちでない場合、端末代金は一括払いするしかありません。ただ、スマートフォンにしてもタブレットにしても種類が圧倒的に多いと言う点では、他のMVNOに比べ大きな魅力と言えるでしょう。

余ったデータ量の繰越し対応

スマホのデータ通信量は契約プランによって違ってきますが、月に使用する量が少ない時もあるので残ってしまう場合もあります。そんなとき、利用しているのが楽天モバイルだったなら、余ったデータ容量を翌月に繰越て使うことができて、大変助かります。余ったデータ容量を繰り越せないMVNOがある中、繰り越しができるという点も、楽天モバイルの大きなメリットです。格安のスマホに、データ容量の持ち越しと、どこまでもユーザー目線に立ったサービスを追求しているのが楽天モバイルなのですね。

通話料が半額で済む、楽天でんわ

なんと!通話料が半額になる画期的なサービスがあります。それは楽天でんわです。IP電話と違う点は、プレフィックス型通話というサービスがあり、発信者番号を電話の相手に通知することが可能です。通知される番号は、もちろん、いつも使っている電話番号が相手方に通知されます。そのため通話相手からは、大手携帯キャリアを利用している時と違いを感じることはありません。IP電話はほとんどの場合、番号通知が非通知とか050番号になってしまうので、使い勝手が良いとは言えませんが、逆に楽天でんわはそういった不便さはありません。さらに、メリットはまだあります。楽天でんわを使った際の通話料が、楽天ポイントとして貯まりますので、さらにお得なのです。キャリアと同じような、通話し放題も開始されました。

5分かけ放題とは?

通話し放題プランを選べるのは、大手3キャリア(ドコモ・AU・ソフトバンク)だけですが、MVNOでは一部の業者しか通話し放題プランに対応していないのが現状です。MVNOの格安スマホの需要が高まるなか、通話回数が多い方でも安心してご利用いただけるサービスが開始されました。楽天モバイルでは1カ月の利用料金が850円で、日本中どこでも最初の5分は回数に関係なく無料になるという魅力的なオプションができました。しかも、このオプションではIP電話を使わずに、電話回線を利用できるので、楽天でんわと同じように、相手方に発信番号が通知されていますので、5分かけ放題オプションを利用しているからといって特別な変更をする必要が無いのが嬉しいところです。楽天モバイルと競合する位置にあるのがNifMoで、こちらにもかけ放題のサービスはあるのですが、発信者番号通知がうまくいかない場合が多いとのようです。楽天でんわの場合、1分通話すると約21円ほどかかりますので、通話時間はあまり長くないけど、頻繁に電話をかける方には必須のオプションですね。

到着した月は無料

今、格安スマホの楽天モバイルではSIMやSIM+本体の契約をすると、最初の1ヶ月は料金が掛かりません。その一ヶ月間というのは、契約してSIMカードを所有した日から料金支払いの締め日までの一ヶ月間という意味です。カードやスマホの到着した日が1日なら、ほぼ1ヶ月料金がかからないということですよね。しかし、今利用している携帯電話の解約手数料などの都合もありますので、月初めまで待って契約するのが得か?というと、そうではないこともあります。よく検討してみてください。

楽天モバイルの回線スピード

楽天モバイルでの通信は、NTTドコモの通信回線を採用。225Mbpsの高速通信を実現しています。スピードについては、何不自由なく使える速度と言えます。そんなドコモの高速通信回線を格安で利用できてしまうのは、楽天モバイルの大きな魅力と言えそうです。楽天モバイルをはじめとした、格安スマホ・MVNOは、今後どんどん人気が出るのではないでしょうか。

楽天モバイルの3日間制限

どのMVNOにおいても一緒ですが、利用する方たちが公平に使用できるために、データ通信量が多すぎる利用者には、速度制限を適応していました。この制限は最も近い3日間のデータの容量がどれぐらいであるかによって決まり 、定められた容量をオーバーしたユーザーに向かって、読み込み速度が遅くなる低速モードに強制的に変更されていたのですが、直近3日間での通信制限が廃止となりました!ということで、楽天の格安SIMにおいては、大容量ファイルをダウンロードしても、3日制限のことを考える必要はないんです。

楽天モバイル料金と初期費用に関して

楽天モバイルの各種プランやその料金についてご案内させて頂きます。現在の携帯電話代に比べて、どれくらいの金額を現在のスマホ代から抑えられるかご確認しながら、お読み下さい。さて、まずは、楽天モバイルの契約時費用と基本使用料金から見ていきましょう。

料金と初期費用

楽天モバイルの料金プランは、モバイル機器に使うSIMにはデータ通信用と音声通話機能付のものがあり、それぞれの料金は異なります。070/080/090といったナンバーが音声通話SIMで使用可能なので今使っている携帯電話と同じように使うには、データ通信専用SIMではダメで音声通話機能付きSIMを選ぶ必要があるんです。音声SIMの月額プランは、低速使い放題プランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円、20GBプランで4,750円、30GBプランで6,150円となっています。

データSIMの月額費用は、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円、20GBプランで4,050円、30GBプランで5,450円となっています。

ベーシックプランとは、200Kbpsの低速通信が、使い放題のプランです。ベーシッププラン以外の通信速度は、262.5MbpsのドコモLTE高速通信を使用するプランとなっています。楽天モバイルにするにあたってかかる初期費用は、一律3,240円ですが、別途、スマートフォン端末を購入する場合は、その金額がプラスとなります。

楽天モバイルの契約縛り

楽天モバイルの解約制限と解約違約金、これは頭に入れておいてくださいね。データSIMについては、最低の利用期間の設定はありません。契約したものの短期間で契約解除するような事になっても、解約手数料が掛かりませんので安心です。一方通話SIMの場合は、最低12ヶ月の利用が絶対条件になります。万が一、1年以内に解約するとなると、手数料が9800円かかるので要注意です。大手携帯会社では、縛り期間が自動更新されますので、13か月以ご利用になれば、その後はいつ解約しても違約金は発生致しません。

【今月開催中】割引キャンペーン詳細

UQモバイルの料金体系や通信速度について徹底説明

UQモバイル料金

UQモバイルの料金体系や通信速度について説明します。現在ご利用中のスマホの料金と比べながら、月々の利用額がどれくらい安くなるのか、確認してみてください。どれだけ安くなるのか、月額料金と初期費用をチェックしてみましょう。

UQモバイルの料金プランと初期費用

UQモバイルの月額費用は、データ通信専用SIMと音声通話付きSIMで分かれています。070・080・090という番号が音声用のSIMで利用できる番号で、070/080/090から始まる携帯電話と同等の機能をご希望の場合は、必ず音声通話付きのSIMカードを選択してください。くれぐれもデータ通信専用SIMと間違わないように注意してください。音声SIMの月額プランは、データ無制限+音声通話プランで2,680円、データ高速3GBプランで1,680円となっています。

データ専用SIMの料金は、データ無制限プランで1,980円、データ高速3GBプランで980円となっています。

UQmobileの違約金

UQmobileの最低利用期間と解約違約金について、説明していきます。データSIMについては、必ず利用しなければいけない期間は決められていません。いつ解約する場合でも、解約手数料や違約金が発生しないのは安心ですね。一方で、音声通話SIMについては、最低利用期間『12ヶ月間』が設定されています。最低利用期間内である12ヶ月以内に解約してしまうと、バカにならない額の手数料を払い込む必要が生じます。その金額は9500円です。ただ大手携帯キャリアの場合は縛り期間がいつまでも続くのとは異なり、13ヶ月以上利用すればいつでも解約できますし、違約金もかかりません。

UQモバイルの気になるポイント

UQモバイルとは格安SIM・格安スマートフォンを扱うサービスで、AUの回線を利用しています。キャリアからの乗り換えなら、月々のスマホ代をかなり抑える事ができるお得なサービスです。現在非常に人気があるのは、月々1,980円で使えるスマホです。AUの回線を使っているのも一つの特徴となっていて、AUと同じように対応エリアも広く、通話品質も同等です。UQモバイルは、SMS月額費用無料、テザリングも無料など、付帯サービスでオトクなものが多いです。UQモバイルって何?という方もいらっしゃるかと思いますので、UQモバイルの速度や料金プラン等を比較しながら、レビューしていきます!UQモバイルの良い所、悪い所を分析してみました。

AU回線のMVNO

WimaxでおなじみのUQコミュニケーションズが運営しているUQモバイルは、AUの回線を借りてサービスを提供しています。そのため、AUとう同様の高品質な通話品質となっています。サービスエリアもAUと同じ範囲をカバーしているので、つながりにくさを心配する必要もありません。現在AUのスマートフォンを使用しているのであれば、多くの機種ではそのまま利用しUQモバイルで使用することができます。UQモバイルで販売されているSIMフリースマホをセットで購入するのも、もちろんOKです。既にAUのスマホをお持ちのかたならば、SIMカードの契約だけでUQモバイルが使えるようになりますので、けっこう高価なスマホ本体の分が浮き、初期費用を抑えられるのもありがたいですね。定評のあるAUの回線を安く使えて、SIMもまた安いという、いいとこ取りの通信サービスがUQモバイルというわけなのです。

VoLTE(ボルテ)プランあり

UQモバイルは、他社に先駆けて高音質の通話が可能なVoLTE対応プランを提供しました。VoLTEは、普段よりも格段に通話音質が改善され、最新の通話方式の名称となっています。今までの音声通話では、300Hz?3.4kHzの周波数の音声でないと感知することができませんでした。VoLTEでは、拾える音の周波数の範囲が広がり、50Hzから7kHzという広範囲になりました。これで、従来よりもかなり高音質での通話が実現したということです。UQモバイルの売りの一つが、VoLTEの採用によって実現した高音質通話なのです。

容量繰越しが可能

UQモバイルの特徴として、高速データ通信量を、繰越して翌月に使用することもできるため、月によってデータ通信量に差がある方にも、安心感をもって使用できるということは、大きなメリットですね。UQモバイルのターボ機能とは、自分で通信速度を高速か低速に切り替えられます。貴重なデータ容量をとっておくことが出来ますね。

UQモバイルの回線スピード

数多くのMVNOの中でも、UQモバイルは、ユーザーの間で、通信速度に定評のあるサービスです。格安SIMアワード2015からもこの点は明らかで、UQモバイルは通信速度部門において見事第一位に輝きました。動画などの重いコンテンツが増えている今、通信速度、それも実効速度が一番重要だと考える人には、UQモバイルは外せない選択肢であるといえます。MVNOや格安スマホのサービスはこれからも大いに発展していくでしょう。

UQモバイルでの通信制御

どのMVNOにおいても一緒ですが、全ての利用者に偏りのない通信サービスを提供するため、過度なデータ通信を使用したユーザーに対しては、速度制限をしています。具体的には3日あたりの通信容量が、契約時のパックプランの容量を超えたユーザーに対して、データ通信速度を遅くされてしまいます。この三日間の通信量がが定められた値を越えなければ、速度制限はなくなります。相当なヘビーユーザーでない限り、通常の使い方をしていれば通信速度制限をされることは殆どありません。UQモバイルでは、料金プランによる規定値は規定されていないようで、各プラン共通で直近72時間で6GBが規定値に設定されています。

UQモバイル口コミ

UQモバイルの魅力についてお話します。何と言っても通信速度が速いというところです。ネット上の評価やレビューなどでも、速度を評価する書き込みもあり、料金プランのバリエーションの無さや、月額面で他社よりも見劣りするなどはありますが、その点を考慮した場合でも、十分に魅力のあるSIMだと言えます。よって、格安スマホを選ぶ際の大きな利点となるでしょう。

口コミで評判のよいスピード

UQモバイルの最大のセールスポイントは、同業他社と比べて、ずば抜けた通信スピードを誇っている点です。しかも安定しています。私はいろいろな格安SIMを使っていますが、それらに比べるとUQモバイルの通信速度はいちばん早くて安定しているので、メインでUQモバイルのSIMを利用しています。もし、私が格安SIMの世界をまだよく知らない方たちから、ストレス無く通信できるMVNOを教えて!と質問されたとします。その場合、私ならばUQモバイルを提案します。MVNOの中では比較的高額なところもありますが、その分、高速通信で時間がかからないことを考えると、安いと言えるでしょう。

締切間近の割引キャンペーン情報

Uモバイルの月額プランや解約などの評判について

Umobile月額プランに関して

Umobileで現在利用可能な料金プラン等について説明したいと思います。現時点の毎月のスマホ料金と照らし合わせつつ、Umobileならどれぐらい節約できるでしょうか。読んでみて、あなたの考えをまとめる手がかりとして下さい。 Umobileの料金プランを見てみましょう。

Umobileの料金プラン

Umobileの月額プランは、データ通信専用SIMと音声通話付きSIMで分かれています。070/080/090の番号が使えるのが、音声通話ができるSIMなので、これまで通りの携帯電話と同じように使いたい場合は、音声通話SIMの選択が条件になるので、ここではデータ通信を選ばないようにしてください。通話SIMの料金は、3GBプランで、1,580円、5GBプランで1,980円、LTE使い放題プランで2,980円、LTE使い放題プラン2で2,730円です。

データ専用SIMの月額費用は、1GBプランで790円、5GBプランで1,480円、LTE使い放題プランで2,480円です。

音声通話SIMである「LTE使い放題2プラン」は、12ヶ月縛りの契約ですが、「Umobile通話プラスLTE使い放題」というプランよりも月額料金が、250円安くなる、さらに価格に特化したサービスとなっています。

Umobileの契約縛りについて

Umobileの解約制限と違約金、これは頭に入れておいてくださいね。Umobileの場合、データSIMの利用期間の縛りはありません。解約する時期がいつでも、手数料が取れられないのは嬉しいサービスですね。しかし、通話SIMの場合は、6ヶ月間が最低利用期間となっています。6か月以内に契約を解除された際は、解約手数料は6,000円かかりますので注意が必要です。大手のキャリアでは、最低利用期間が終了しても、自動的に縛り期間が更新されてしまいますが、7ヵ月経過した時点で違約金を支払う必要がなくなるので、その点は有難いことですね。

「LTE使い放題2」の解約手数料

U-mobileのいろいろあるプランの中で、LTE使い放題2プランだけには、特別に最低利用期間・契約違約金の解約制限が設定され、他の契約プラントは違っています。まず違約金です。契約日から起算して半年以内に解約をした時には、9,500円前後の料金を支払う事になります。さらに、それ以後、12ヶ月目までに解約をすると、3,500円の違約金がかかます。解約以外にも、11ヶ月以内のプラン変更にはプラン変更数料として3,500円が請求されます。他のプランとは解約金や利用期間に関するルールが色々異なるのは、理解をしておいて下さいしかし、違約金というデメリットがある一方で、月額料金が割引となるプランのため、違約金が発生しない1年以上、利用される方にとっては、LTE使い放題2プランは断然お得でお勧めのプランになります

ユーモバイルの通信速度

MVNOと呼ばれる事業者は数多くありますが、なかでもUmobileは、docomo 4GLTE回線で通信速度262.5Mbpsの高速通信を利用した格安スマホサービスです。注目すべきは回線速度の速さと、対応エリアの広さでそういった点で安心できるサービスということができます。

Umobileにおける72時間制限

Umobileでは、どの利用者も平等に通信できるようにするため、何度もたくさんデータを送受信される方の通信スピードを規制させていただいております。これは、ここ3日間のデータ使用量で計算され、所定の容量をオーバーしたことが判明した利用者は、200Kbpsという低速通信が実施される事です。直近3日間の利用量が、決められた値よりも下がれば、自動で解除されます。大量の動画を見たり、大きな容量のファイルをダウンロードしたりしない限り、速度制限にかかることはないと思います。速度制限の対象とする3日間の規定容量は記載されていませんでした。

Umobile口コミについて

Umobileの魅力といえば、次世代高速通信LTEがいつでもいくらでも使えるようになっています。LTE回線が使い放題でdocomoと同じ回線を使えるということは、他ではお目にかかることはない珍しいプランです。仕事で通信量が多い、プライベートでもっと使いたいなどといった方は、このプランを利用することで携帯利用料金が驚くほど安くなること請け合いです。

音声SIMなら、U-NEXTのポイントが毎月もらえる

100万以上が契約している人気動画配信サービスU-NEXTで利用することができる、嬉しいことにU-NEXTポイントが毎月もらえます。貰えるポイントはLTE使い放題2プランでは毎月400ポイントで、それ以外のプランでは毎月600ポイントです。U-NEXTでは、1作品の視聴に300円ほどかかるので、600ポイントが付与されれば1ヶ月に2作品、無料で視聴することができます。映画や、ドラマ、アニメや大人向けの作品まで、ジャンルは様々、種類も数多く揃っております。月に3000円以下での料金でポイントが400〜600ポイント還元されることは、かなり思い切った特典だと思います。

Umobileのチェックすべき項目

MVNOの中にUmobileという種類がありますが、動画配信サイト「U-NEXT」を運営している株式会社U-NEXTが運営しています。U-NEXTは2015年に東証一部に上場した企業になるため、信頼性や安心感が大きく、ベンチャー企業でまだ実績や知名度は低いですが、MVNOの中でも人気は高まっています。何より、LTE回線の使い放題プランが用意されているという点が非常に珍しい特徴となっております。高速回線を無制限で使いたいならUmobileがおすすめです。Umobileって何?という方の為にも、Umobileの料金や解約について、まとめましたので、Umobileの良い所、悪い所を分析してみました。

docomoエリア対応の格安スマホ

Umobileの通信回線はdocomoと同じ回線を使用しています。docomoと同じ回線を利用しているため、通話の品質もdocomo同様ですし、ご使用いただけるサービスエリアもdocomoと同様ですので、日本全国、広範囲でのご利用が可能です。今までお使いのNTT docomoの端末であれば、Umobileでもそのまま使うことができます。Umobileがセットで購入をお勧めしているSIMフリーのスマートフォンを買って使うことも無論可能です。docomoの端末をお持ちの方に限って、SIMカードを契約するだけで簡単にUmobileを利用することができる為、新たに本体料金を支払って、スマートフォンを購入しなくて良いということは非常にありがたいことですね。UmobileはNTT docomoよりも安い料金プランで、同等の通信品質を利用できるサービスです。

LTEの高速通信が低価格で無制限

Umobileには、LTEが無制限で使えるという画期的なサービスがあり、30社近いMVNO事業者のほとんどがLTE使い放題に対応していないため、Umobileの他社にはない魅力の一つとなっています。通信を高速で制限なく利用したい方には、通信の容量やスピードの制限に心煩わせる事なく使えるわけですから、「待ってました」と叫びたくなるサービスではないでしょうか。しかも、使い放題でありながら、価格は、月額3,000円以下という低価格。メジャーな事業者と比べてみても、コストパフォーマンスがかなり秀でていることが明白なプランです。一月当たりの通信量が多い利用者には、非常にお得な料金設定になっていると言えます。ネット配信で映画を観たりなど、動画視聴などが多いユーザーさんには絶対おススメのMVNOです。もっと詳しく内容を知りたい方は、Umobileの公式サイトにおいてLTE使い放題プランが詳しく説明されているので、確認される事をオススメします。

自宅で即日MNPもできる!

Umobileは、即日MNPに対応している点が他者と比較しても魅力的な点となっています。MNP届け出方式によりUmobileでは、届け出方式ではインターネットを利用した簡単な手続きのみで、携帯が繋がらないといったこともなく、MNP方式ができるようになりました。即日MNPをしたいために、これまで店舗へ足を運んでいた方も、これからは思い立った時に場所も選ばずに、即日MNPの手続きが可能となります。携帯が使えなくなる期間が障壁となり、なかなか乗り換えに踏み切れなかった方にも、何の不安もなく転入できます。手続きは、自宅にSIMカードが届いたら、Umobileのマイページで、回線切替ボタンを押すだけです。以前よりもずっと簡単にMNPの手続きができ、格安スマホへの切り替えがより簡単に行えるようになっています。

今月の割引キャンペーン

mineo(マイネオ)の格安SIMの速度や評判についてあれこれ調べた

mineoスマホの特徴

格安SIM/スマホを扱っているmineo(マイネオ)は数あるMVNOの一つです。もしドコモやAU、ソフトバンクなどの他社からの乗り換えを考えているならば、月々のスマホ代をかなり安くすることができるので、大変お得なサービスと言えます。キャリアからの乗り換えの場合、月額料金を1,310円まで下げる事が出来るので、各所で人気を博しているサービスです。サービスの方も、国内では初めてマルチキャリアMVNOを採用しており、docomo回線のプランとau回線のプランの好きな方を利用する事が出来ます。通信環境や品質もdocomoやAUと遜色ないサービスなので、初めて格安スマホを使う方にも安心して利用できます。mineoへのMNPを検討している方の為に、mineoをどこよりも分かりやすく解説しました。少しお付き合い頂ければと思います。

docomoとAU回線を使ったMVNO

auの回線を使ったMVNO(仮想移動体通信事業者)のmineoは2015年9月よりdocomo回線のでサービス提供を開始し、auとdocomoの回線を選べるという国内初のマルチキャリア対応となりました。通話の質もドコモやauと同じレベルですし、ネットワーク対応エリアも、同じです。docomoまたはauのスマホ本体をそのまま使うことができて、新たにスマホ本体を購入する必要もないです。新しくスマホを買い替えずに済むので、余計なお金がかかりません。もちろん、mineoではSIMフリースマホを割賦販売しておりますので新規購入する事もできます。全国展開されているキャリア回線をやすく利用できますし、自分に合った回線を、docomo回線とAU回線の2系統から選択する事が出来ます。値段が少し違いますがその辺りも含めて検討してみるといいでしょう。

高品質通話VoLTE対応プランがある!

VoLTEに対応するプランをかなり早い段階で用意したのが、mineoです。今までの通話の品質よりも、VoLETの方がさらに良質で、最新の音声通話の名称のことです。従来の音声通話が対応できる周波数は、300Hz〜3.4kHzまででした。このVoLTEは、50Hz〜7kHzの音質を届けることが出来るようになっています。音が聴こえる周波数がこれだけ広がったので、高音質な通話が可能になったのです。これはmineoが選ばれる理由の一つになり得ます。

容量繰り越しに対応している

mineoのいいところは、余ったデータ容量分は翌月に繰り越すことが可能なので、毎月のデータ使用量が結構違う方にも、前の月の繰り越しが残っていれば、次の月はそれほど気に留めることなく使用できるので、mineoを使うメリットも大きいと思います。

mineoスイッチを活用して、通信量節約

mineoスイッチという名前の機能がmineoには設定されており、高速通信と低速通信に切り替えができる機能です。ターボ機能によりデータ容量を無駄に消費することがなくなるため経済的に使用できますね。mineoqスイッチとWi-Fi(公衆無線LAN)を上手く利用することで、さらに低額なプランとして月々の料金を押えることができると思います。スマホ代を節約するのには大いに役立ちますね!

mineo料金と初期費用

mineoの料金設定、繋がりやすさのご説明です。今現在利用しているスマートフォンの利用料と比べながら、どれくらい携帯料金を抑えることが可能になるのか、ぜひ読んでみてください。さて、料金プランの詳細をチェックしていきましょう。

mineoの料金プラン

mineoの料金は、格安スマホなどのSIMはデータ通信用と音声通話機能付きの2つがあり、料金が違っているって知ってますか。音声通話SIMを使うことで、070とか080とか090のつく番号が使えるようになるので、今使っているスマホと同じような使い方をしたい場合は、音声通話可能なSIMを選ばなければいけません。通話SIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MBで1,310円、1GBで1,410円、3GBで1,510円、5GBで2,190円、10GBで3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで1,400円、1GBで1,500円、3GBで1,600円、5GBで2,280円、10GBで3,220円です。

データ通信専用SIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっています。

mineoの解約手数料について

mineoの最低利用期間と解約手数料について、説明していきます。最低利用期間等の縛りがないmineoは、解約違約金が発生しません。ということは、お試し感覚で気軽に格安スマホを使ってみることができるわけで、他社にはないMVNOの魅力のひとつです。しかし、12ヶ月以内にMNP転出をしてしまうと、12,420円の費用が発生しますので注意が必要です。通話SIMでご契約の場合、頭の片隅に入れておいてください。

mineoの通信スピード

mineoの通信速度について解説していきたいと思います。まず、Dプランの通信スピードですが、LTE回線なので225Mbps、AU回線でも、225MbpsのLTE回線となっています。最近色んな所で話題になっていますが、やはり混雑時間では、キャリア契約期間の回線の方が圧倒的な通信速度になります。混雑する時間帯でも通信速度を安定性を望む人にとっては、MVNOではなく、キャリア契約という選択をされたほうが良いでしょう。しかし、プランの料金が抑えられていることから、トータルに考えると、mineoなどの格安スマホサービスは利用する価値は高いでしょう。

mineo AU回線プランの3日制限

MVNOすべてで共通ですが、誰もが同じように使用できるよう、一部のユーザーが大量にデータのダウンロードをしようとした場合などに、回線スピードの速度制限をかけるという規制を行っているのです。直前の72時間の通信データについて容量を通算した結果、予め決まっている量を越した方に対しては、決められた速度制限が課せられるのです。この3日間規制は、設定された値を下回れば、契約者が何もしなくても制限はなくなります。この規定量は一般的な利用であれば、超えることはあまりまりません。mineoでは、料金プランごとの規定値は規定されていないようで、Aプランは、各プランともに、直近3日で3GBが規定値に設定されているようです。

mineo docomo回線プランにおける72時間制限

ドコモ回線を使うmineoのプランのメリットは、直近の3日間にデータ通信量をもとにした速度制限は発生しません。その日によってデータを使用する量が大きく異なる方は、Aプランを選ぶよりもDプランを選んだ方が、3日間に使用したデータ量に応じた制限に気を取られず、利用することができるでしょう。こういった違いも含めて、プランを比較検討すると良いかと思います。

【間もなく終了】キャンペーン!!

格安スマホのIIJmioって?評判やキャンペーン情報などまとめてみた

IIJmioって?

インターネットイニシアティブジャパンのMVNO、みおふぉんというサービスについて解説します。株式会社インターネットイニシアティブは、格安SIMサービスの老舗であり、格安SIMを長く使っている方にとっては、IIJmioの名を何度も目にしたことがあるでしょう。IIJmioは、「格安SIMアワード2015」という顧客満足度の調査で最優秀賞を獲得しています。ブランドイメージや充実した顧客のサポート体制がプラスとなり、受賞に結びついたのでしょう。早速で恐縮ですが、IIJmioの料金プランからサポート・店舗情報まで、まとめましたので、節約出来た携帯代で何を買おうかしら…。笑

docomoの基地局を使った格安SIM!

株式会社インターネットイニシアティブの提供する格安スマホはdocomo回線を使用しているのです。スマホを利用する以上は、通話の品質などは重要ですが、もちろんそれはドコモと殆ど変わりませんし、対応エリアが広く、圏外も少ないので、安心して使えます。端末はdocomoのスマホならばたいていの機種がそのままIIJmioの端末としてご利用できます。当然ながら、SIMフリースマホをIIJmioのサービスと合わせて購入して利用する事もできます。docomoのスマホが手元にあるなら、IIJmioでSIMカードだけを契約すれば、今までどおり使えますし、新たに本体料金を支払って、スマートフォンを購入しなくて良いということは非常にありがたいことですね。ドコモの信頼度などはそのままで、広い範囲をカバーしている通話環境の理由からも安心です。しかもリーズナブルに利用できるという、とてもお得なサービスです

バースト機能があるので、さらに快適な低速通信

IIJmioには、バースト機能というものが搭載されています。バースト機能とはいったい何かをご説明いたします。『バースト』という機能は、低速通信時に、最初の数秒だけ高速通信を行い、Webサイトの閲覧時にページの表示にかかる時間を短縮させる機能です。このバースト機能のおかけで容量超過による低速通信時でも、Webサイトの表示速度が遅くなる問題を回避することができ、まだ表示されない!ってイラっとすることがなく、動画視聴やWebサイトの閲覧をより快適に利用できるという、人気の機能となっています。しかし技術的に難しいのか、バースト機能はIIJmioとDMMモバイルくらいしか実装しているところが見当たらないのですね。

データ通信量の翌月繰越し

料金プランによって、高速通信容量が異なりますが、使用したデータ通信量などが少なかった月には、残ってしまう月もあるでしょう。こういったことに、対処出来るのがIIJmioであり、使わずに余ってしまったデータ通信量を、翌月に繰り越すことが可能です。MVNOの中にはデータ容量の繰越を行っていないものも多いので、余らせた通信量を次の月に繰り越して使うことができるIIJmioは魅力的です。データの容量を翌月に繰り越す事が出来れば無駄なく使えますね。

2世帯家族でもつかえる!SIMカード10枚対応

IIJmioの追加SIMサービス、ファミリーシェアなら、SIMカードの最大枚数が10枚までとなっています。つまり1つの家庭に多くの人がいれば、価格差はキャリアを利用している時よりも、大幅に削減する事ができます。家族単位の携帯代で考えると、かなりの節約効果を享受出来ることでしょう。春の新しい風に乗って、家族のスマホを一新してみてはいかがですか。サポートも万全といわれるIIJmioなので、格安スマホが初めてでも安心です。オプションサービスのみまもりパックをつけると、有害サイト、不正アプリをブロックする事ができ、子供用スマホとしてもご利用出来ます。

みおふぉん月額プラン

月々の料金や通信速度など、IIJmioの概要について説明します。現在お使いのスマートフォンの毎月のお支払額と比べて、IIJmioに変えると、どのくらい通信料金を削減できるのか、ご参考にして頂ければと思います。どれだけ安くなるのか、IIJmioの料金プランを見てみましょう。

IIJmioの料金と初期費用

IIJmioの月額プランは、両近形態はデータ通信用SIMと音声通話可能なSIMとで分かれています。音声通話SIMを使うことで、070とか080とか090のつく番号が使えるようになるので、通常通り携帯電話を使用したい場合には、データ通信用SIMではなく、音声通話SIMを選ぶように気をつけてください。通話SIMの料金は、ミニマムスタートプラン(3GB)で1,600円、ライトスタートプラン(5GB)で2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB)で3,260円です。

データ通信専用SIMの月額費用は、ミニマムスタートプラン(3GB):900円、ライトスタートプラン(5GB):1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB):2,560円です。

IIJmioの最低利用期間について

IIJmioの最低利用期間、これは事前に把握しておきましょう。IIJmioのデータSIMにおいては、ここまで利用しなければならないという期間に決まりはありません。契約したものの気に入らなかった場合など、いつでも違約金を支払うことなく解約することができます。一方みおふぉんの場合は、最低12ヶ月の利用が絶対条件になります。そのため12カ月以内に通話SIMを解約する場合は、違約金として9,000円を支払わなければなりません。ただ大手携帯キャリアの場合は縛り期間がいつまでも続くのとは異なり、13ヶ月以上絶っていれば、解約手数料がかからないというのは大きな魅力です。

回線速度

昨今、数多あるMVNOサービスにおいてIIJmioは、 NTTdocomoが提供する262.5Mbpsの4GLTE回線を使用した、格安のスマホサービスです。回線速度の速さや対応可能な地域の広さには安心をご提供します。通信速度に関しても、安定して高速を保っていて、口コミサイトでの評価にも、おおむね高い評価を得ており、人気の高いMVNOであることが伺えます。通信スピードが速くてしかも料金がお手頃という格安スマホを探している人にとっては、これだと思わせるのが、IIJmioだと言えるかもしれません。

みおふぉんの通信制御

IIJmioでは、低速通信を利用していると、直近3日間の通信量によって速度制限がかかってしまうことがあります。しかし、高速通信利用中のデータ通信量は対象外なので、ご安心ください。誰もが同じように使用できるよう、多くのデータ通信を利用したユーザーには、速度制限をしています。具体的には3日あたりの通信容量が、契約時のパックプランの容量を超えたユーザーに対して、読み込み速度が遅くなる低速モードになります。直前の72時間の通信データ量が一定の値よりも下がり次第、制限は特に手続きの必要もなく解除されます。通常使用している一般的な使用量であれば、あまり適用される事のない処置ですので、気にする必要は無いと思います。

IIJmio口コミまとめ

IIJmioの良いところは、サポート満足度の高さと老舗MVNOとしてのブランド力が挙げられます。株式会社イードがおこなっている格安SIMアワードにおいて、総合部門の最優秀賞を受賞したということからも、いかにお客様に支持されているかがわかります。Webサイトでの詳しい説明や、電話でのサポートも万全なので、初めて格安スマホや格安SIMを使うという方でも、格安スマホデビューをオススメできます。

安定した速度とユーザーサポートがウリ!

IIJmioでよく聞かれる声としては、通信スピードの安定性と親切丁寧なサポートに集中しているようです。株式会社イードの利用者の満足度のデータからも分かるように、MVNOの中では顧客満足度がかなり高くなっています。このように、どの格安SIMにしようかお考えのユーザーにとって、条件のそろったMVNOの一つです。 更に、様々なMVNOの中で、長い実績とブランド力が強みであるMVNOであると言えます。高い評価を受けている格安スマホですので、格安スマホへの切り替えをご検討中の方には、信頼できるMVNOとしての選択肢の1つと言えるでしょう。

【今月開催中】割引キャンペーン

格安SIMのDMMモバイルの本当の評判について

DMM.comの格安スマホの月額と解約

DMMモバイルの料金と速度の体系をみてみましょう。現在ご利用中のスマホの料金と比べながら、どれだけ通信費が抑えられるか、よく見比べて比較検討の材料にしてみて下さい。どれぐらい節約できるのか、月額費用と初期費用をチェックしてみましょう。

DMMモバイルの料金と初期費用

DMMモバイルの料金は、今話題の格安SIMは、大きく分けてデータ専用SIMと、音声通話可能SIMがあり、料金も異なります。音声通話SIM使用では070/090/090の番号を使いますので、データ通信だけでなく普通の携帯として「声」での「通話」がしたいときには、必ず音声機能付きSIMを選択するよう、お願いいたします。音声通話SIMの月額プランは、ライトプラン:1,140円、1GBプラン:1,260円、2GBプラン:1,380円、3GBプラン:1,500円、5GBプラン:1,910円、7GBプラン:2,560円、8GBプラン:2,680円、10GBプラン:2,890円、15GBプラン:3,980円、20GBプラン:4,680円となっています。

データ専用SIMの料金は、ライトプランで440円、1GBプランで480円、2GBプランで770円、3GBプランで850円、5GBプランで1,210円、7GBプランで1,860円、8GBプランで1,980円、10GBプランで2,190円、15GBプランで3,280円、20GBプランで3,980円となっています。

DMMモバイルの契約縛りについて

DMMモバイルの解約制限と解約違約金に関して、まとめましたので、ご紹介します。DMMモバイルのデータSIMに関しては、最低利用期間の設定はありません。例えば初日に解約したとしても、解約手数料は発生しません。しかし、音声通話SIMは最低12ヶ月利用しなければいけないという規定があります。どうしても解約するまでに12ヶ月も待てないという場合、解約手数料は9,000円かかりますので注意が必要です。キャリアとの差別化として、縛り期間が自動更新されませんので、13ヶ月以上利用すればいつでも解約できますし、違約金もかかりません。

DMMモバイル格安SIMのチェックポイント

DMMモバイルは、MVNOの中でも人気があり、動画配信サイトで有名な「DMM.com」が運営する格安スマホサービスです。DMMモバイルはスマホ業界 最安値を打ち出しており、他社との最大の比較できるところである。月々の料金を安くおさえたいという方には、もっともお勧めできるMVNOです。さらに、通信速度の速さや安定感に定評があり、動画やネットサーフィンも快適に行えるのもメリットの一つです。さて、それでは、早速、DMMモバイル人気の秘訣をまとめてみました。ぜひ、最後までお付き合い下さいませ。

docomo回線を利用した激安なスマホ!

DMMモバイルはdocomoの回線を使用しています。気になる通話品質もdocomoと同じなため、電波の入るエリアや繋がりやすさという面も何の問題もありません。またDMMモバイルは殆どのドコモのスマホに対応しています。つまり今まで通りのスマホで、そのまま使う事ができる訳です。DMMモバイルが取扱いをしている、SIMフリースマホをセットで購入していただくことも可能です。ただ、すでにdocomoのスマホをお持ちでしたら、SIMカードだけの契約をDMMモバイルと結べば、そのまま使えますので、わざわざ新規でスマホを買う必要が無いというのが大きな魅力です。この様なメリットを勘案すると、DMMモバイルはdocomoの回線を利用した、格安で安定した高速通信サービスであるといえます。

iPhoneが割賦可能!

DMMモバイルの良いところは、iphone購入時に分割払いができることです。DMMモバイル以外のMVNOは主に海外の格安端末を多く扱い、iPhoneなどの有名人気端末はありません。しかしDMMモバイルではiPhone6も端末として選択可能なため、 iPhoneを分割購入したい場合は、DMMモバイルぐらいしか選択肢がないと思います。iPhoneをMVNOで購入したい!という方は、やっぱりDMMモバイルがイイね。ってことになると思います。ただし、MVNOでiPhoneを扱っているのがDMMモバイルのみということで、ほとんどの場合売り切れており、在庫がある場合には、早めに申し込みの決断をするのがおすすめです。

余ったデータ量の翌月繰り越し対応!

契約プランによって、使用できるデータ通信量はかわりますが、データ使用量が少ししかなく、容量が余ってしまう月もあるのではないでしょうか。しかしDMMモバイルであれば、このような場合にも、使わずに余ってしまったデータ通信量を、翌月に繰り越すことが可能です。MVNOによっては、翌月繰越しに対応していないものもあり、翌月繰り越しができるということは、大変魅力的です。データの容量を翌月に繰り越す事が出来れば無駄なく使えますね。

おうちで即日MNPOK

DMMモバイルの大きな魅力の一つには即日MNPに対応しているってことがあります。DMMモバイルが採用しているMNP届け出方式は、簡単な手続きをホームページでするだけで、携帯電話を利用できなくなる期間なしにMNPができるようになっています。今までは、他社から乗り換えをしたい場合は、わざわざ指定されたお店に行かなければなりませんでしたが、これからは思い立った時に場所も選ばずに、即日MNPの手続きが可能となります。これまで携帯やスマホが使えない期間があるのが不安で、MVNOの格安スマホへのMNPを敬遠していた方も、これなら安心して切り替えできますね。手続き方法は、SIMカードが到着してからDMMモバイルのマイページで回線切り替えボタンを押すだけです。即日MNPが可能となった事で、DMMモバイルの格安スマホはより利用しやすくなったといえるでしょう。

DMMモバイル契約者全員に、DMM.comのポイントが毎月もらえる

使用している携帯がDMMモバイルの場合、毎月DMMポイントが利用金額の10%ポイントバックされるという、見逃したらもったいないキャンペーンが開催されています。このポイント還元は、月々の基本料だけではなく、通話料やその他のオプション料金も対象範囲に入っているため、DMM.comで動画を視聴なさっているユーザー様には、更にお得なキャンペーンとなっています。ただでさえ、月額料金が業界最安値レベルなので、10%ポイント還元サービスをするので、コスパ面で、これ以上優れたMVNOはないでしょう。特にスマホにかかる費用を削減したい人にとっては、DMMモバイルは要チェックです。

話題のバースト機能│快適な低速通信

DMMモバイルに、『バースト』という機能があることをご存知ですか?この『バースト』という機能とは何か、これから解説していきたいと思います。バースト機能っていうのは低速通信のときに通信の最初の数秒間間だけ高速通信をして、アクセスしたWebページが表示されるまでの時間を短くしてくれる機能です。このバースト機能によって、低速通信状態でも表示する速度が早くなるので、利用時にストレスを感じる事も減少するため、快適な環境でネットを利用することができるため、独創的な機能として好評です。しかし、このバースト機能は、DMMモバイルとIIJmioでしか取り扱っていない機能のようです。

DMMモバイル評価

DMMモバイルを利用する意義はどんなところにあるのかと言うと、お得な利用料金プランと通信速度の速さの両方を持っている点です。満足できる実効速度で通信しつつも月額料金を安くおさえたいという方には、DMMモバイルを利用するのが一番といえるでしょう。ネットのレビューなんかを見ても、DMMモバイルの評価の高いところは、格安の料金で高速な通信を行えることにあるようです。

速度が速いのが快適!

DMMモバイルがどれだけ評判になっているかを見てみると、回線速度の速さと安定性についてです。格安SIMならではの料金の安さと、それでいて安定性も速度も文句なしということで、DMMモバイルは、業界でも注目度ナンバーワンのMVNOだと言っていいでしょう。今なら10%ポイントバックキャンペーンも開催中ですので、費用面・速度面の双方で、とても素晴らしい格安SIMと言えるでしょう。ぜひこの機会に、DMMモバイルで格安スマホデビュー、ご検討されてみてはいかがでしょうか。

DMMモバイル速度

MVNOの中でも特におすすめしたいDMMモバイルは、docomo 4GLTE回線で通信速度262.5Mbpsの高速通信を利用した格安スマホサービスです。対応エリアが広く、回線の信頼性が高いので安心できるサービスです。実際に、通信速度の評価は高く、口コミやレビューサイトへの、ユーザーによる書き込みでも、好評価を得ています。安さと速さを兼ね備えたユーザビリティの高いサービスを探している人には、DMMモバイルがおすすめです。

DMMモバイルの帯域制御

DMMモバイルでは、ただし、低速通信時の時のみ直近の3日間の利用状況によって速度規制が発生する場合がありますが、高速通信を利用している場合は帯域制限の対象にはなりません。ユーザーが平等にデータ通信を行えるように、データ通信を利用しすぎたユーザーは通信速度がおそくなります。速度を制限する基準には直近3日間のデータ通信量が用いられ、規定のデータ通信量を超えた利用者に対し、決められた速度制限が課せられるのです。最近の3日間で使用したデータ量が定められた値を下回ると自動でこの制限は解除されます。この制限は、通常の使い方をしているならば、まずされないと思います。

いま開催中のキャンペーン