「楽天mobile」カテゴリーアーカイブ

格安スマホの楽天モバイルの通信速度や評判などを調査

楽天モバイルって?

MVNOの一種である楽天モバイルでは、格安のSIMおよび格安スマホを提供しています。この格安SIMや格安スマホというのは、他社から乗り換えるとつき具期の支払いがとても安くなるというものです。毎月の利用料金が1,250円と格安なスマホは高い注目を集めています。またdocomo回線を利用しているため、通話品質、サービスエリアもNTTドコモの利用時と全く変わりません。さらに嬉しいのは、楽天モバイル契約中は、楽天市場で買い物して獲得したポイントが2倍になるという魅力的な特典があることです。楽天モバイルへのMNPを検討している方の為に、楽天モバイルのキャンペーン情報・速度情報などをまとめました。楽天モバイルの良い所、悪い所を分析してみました。

docomoネットワークを使った格安スマホ!

楽天の提供する格安スマホはdocomo回線を使用しているのです。言うまでもありませんが、ドコモと完全に同一の通話品質を享受できるほか、対応エリアが広く、圏外も少ないので、安心して使えます。楽天モバイルではdocomoのスマホならほとんどの機種が利用できるようになっています。当然、楽天モバイルでセット販売がされているスマホを購入し、使用することもでします。ドコモのスマホをもっている場合、SIMカードのみを契約すれば使用することができるので、高額なスマホを新しく購入する必要もありませんので、とてもお得です。楽天モバイルは信頼性の高いドコモの回線を比較的安価で利用できる格安スマホサービスと言って良いでしょう。

SIMフリースマホが大量

楽天モバイルの契約をするにあたって対応する端末をお持ちでない場合、スマホ本体を新規で購入しなければなりません。楽天モバイルでも販売されているスマートフォン本体は、他のMVNOに比べて非常に豊富な機種を取り揃えているのが特長です。スマートフォンよりも大きな画面をご希望の方のために、タブレットも豊富な種類を取り揃えています。だたし、楽天モバイルを契約する際には一つだけ注意することがあり、楽天カードの会員のみが、端末代を支払う際の分割払いサービスを受けられるということです。楽天カードをお持ちでない場合、端末代金は一括払いするしかありません。ただ、スマートフォンにしてもタブレットにしても種類が圧倒的に多いと言う点では、他のMVNOに比べ大きな魅力と言えるでしょう。

余ったデータ量の繰越し対応

スマホのデータ通信量は契約プランによって違ってきますが、月に使用する量が少ない時もあるので残ってしまう場合もあります。そんなとき、利用しているのが楽天モバイルだったなら、余ったデータ容量を翌月に繰越て使うことができて、大変助かります。余ったデータ容量を繰り越せないMVNOがある中、繰り越しができるという点も、楽天モバイルの大きなメリットです。格安のスマホに、データ容量の持ち越しと、どこまでもユーザー目線に立ったサービスを追求しているのが楽天モバイルなのですね。

通話料が半額で済む、楽天でんわ

なんと!通話料が半額になる画期的なサービスがあります。それは楽天でんわです。IP電話と違う点は、プレフィックス型通話というサービスがあり、発信者番号を電話の相手に通知することが可能です。通知される番号は、もちろん、いつも使っている電話番号が相手方に通知されます。そのため通話相手からは、大手携帯キャリアを利用している時と違いを感じることはありません。IP電話はほとんどの場合、番号通知が非通知とか050番号になってしまうので、使い勝手が良いとは言えませんが、逆に楽天でんわはそういった不便さはありません。さらに、メリットはまだあります。楽天でんわを使った際の通話料が、楽天ポイントとして貯まりますので、さらにお得なのです。キャリアと同じような、通話し放題も開始されました。

5分かけ放題とは?

通話し放題プランを選べるのは、大手3キャリア(ドコモ・AU・ソフトバンク)だけですが、MVNOでは一部の業者しか通話し放題プランに対応していないのが現状です。MVNOの格安スマホの需要が高まるなか、通話回数が多い方でも安心してご利用いただけるサービスが開始されました。楽天モバイルでは1カ月の利用料金が850円で、日本中どこでも最初の5分は回数に関係なく無料になるという魅力的なオプションができました。しかも、このオプションではIP電話を使わずに、電話回線を利用できるので、楽天でんわと同じように、相手方に発信番号が通知されていますので、5分かけ放題オプションを利用しているからといって特別な変更をする必要が無いのが嬉しいところです。楽天モバイルと競合する位置にあるのがNifMoで、こちらにもかけ放題のサービスはあるのですが、発信者番号通知がうまくいかない場合が多いとのようです。楽天でんわの場合、1分通話すると約21円ほどかかりますので、通話時間はあまり長くないけど、頻繁に電話をかける方には必須のオプションですね。

到着した月は無料

今、格安スマホの楽天モバイルではSIMやSIM+本体の契約をすると、最初の1ヶ月は料金が掛かりません。その一ヶ月間というのは、契約してSIMカードを所有した日から料金支払いの締め日までの一ヶ月間という意味です。カードやスマホの到着した日が1日なら、ほぼ1ヶ月料金がかからないということですよね。しかし、今利用している携帯電話の解約手数料などの都合もありますので、月初めまで待って契約するのが得か?というと、そうではないこともあります。よく検討してみてください。

楽天モバイルの回線スピード

楽天モバイルでの通信は、NTTドコモの通信回線を採用。225Mbpsの高速通信を実現しています。スピードについては、何不自由なく使える速度と言えます。そんなドコモの高速通信回線を格安で利用できてしまうのは、楽天モバイルの大きな魅力と言えそうです。楽天モバイルをはじめとした、格安スマホ・MVNOは、今後どんどん人気が出るのではないでしょうか。

楽天モバイルの3日間制限

どのMVNOにおいても一緒ですが、利用する方たちが公平に使用できるために、データ通信量が多すぎる利用者には、速度制限を適応していました。この制限は最も近い3日間のデータの容量がどれぐらいであるかによって決まり 、定められた容量をオーバーしたユーザーに向かって、読み込み速度が遅くなる低速モードに強制的に変更されていたのですが、直近3日間での通信制限が廃止となりました!ということで、楽天の格安SIMにおいては、大容量ファイルをダウンロードしても、3日制限のことを考える必要はないんです。

楽天モバイル料金と初期費用に関して

楽天モバイルの各種プランやその料金についてご案内させて頂きます。現在の携帯電話代に比べて、どれくらいの金額を現在のスマホ代から抑えられるかご確認しながら、お読み下さい。さて、まずは、楽天モバイルの契約時費用と基本使用料金から見ていきましょう。

料金と初期費用

楽天モバイルの料金プランは、モバイル機器に使うSIMにはデータ通信用と音声通話機能付のものがあり、それぞれの料金は異なります。070/080/090といったナンバーが音声通話SIMで使用可能なので今使っている携帯電話と同じように使うには、データ通信専用SIMではダメで音声通話機能付きSIMを選ぶ必要があるんです。音声SIMの月額プランは、低速使い放題プランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円、20GBプランで4,750円、30GBプランで6,150円となっています。

データSIMの月額費用は、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円、20GBプランで4,050円、30GBプランで5,450円となっています。

ベーシックプランとは、200Kbpsの低速通信が、使い放題のプランです。ベーシッププラン以外の通信速度は、262.5MbpsのドコモLTE高速通信を使用するプランとなっています。楽天モバイルにするにあたってかかる初期費用は、一律3,240円ですが、別途、スマートフォン端末を購入する場合は、その金額がプラスとなります。

楽天モバイルの契約縛り

楽天モバイルの解約制限と解約違約金、これは頭に入れておいてくださいね。データSIMについては、最低の利用期間の設定はありません。契約したものの短期間で契約解除するような事になっても、解約手数料が掛かりませんので安心です。一方通話SIMの場合は、最低12ヶ月の利用が絶対条件になります。万が一、1年以内に解約するとなると、手数料が9800円かかるので要注意です。大手携帯会社では、縛り期間が自動更新されますので、13か月以ご利用になれば、その後はいつ解約しても違約金は発生致しません。

【今月開催中】割引キャンペーン詳細