「IIJmio」カテゴリーアーカイブ

格安スマホのIIJmioって?評判やキャンペーン情報などまとめてみた

IIJmioって?

インターネットイニシアティブジャパンのMVNO、みおふぉんというサービスについて解説します。株式会社インターネットイニシアティブは、格安SIMサービスの老舗であり、格安SIMを長く使っている方にとっては、IIJmioの名を何度も目にしたことがあるでしょう。IIJmioは、「格安SIMアワード2015」という顧客満足度の調査で最優秀賞を獲得しています。ブランドイメージや充実した顧客のサポート体制がプラスとなり、受賞に結びついたのでしょう。早速で恐縮ですが、IIJmioの料金プランからサポート・店舗情報まで、まとめましたので、節約出来た携帯代で何を買おうかしら…。笑

docomoの基地局を使った格安SIM!

株式会社インターネットイニシアティブの提供する格安スマホはdocomo回線を使用しているのです。スマホを利用する以上は、通話の品質などは重要ですが、もちろんそれはドコモと殆ど変わりませんし、対応エリアが広く、圏外も少ないので、安心して使えます。端末はdocomoのスマホならばたいていの機種がそのままIIJmioの端末としてご利用できます。当然ながら、SIMフリースマホをIIJmioのサービスと合わせて購入して利用する事もできます。docomoのスマホが手元にあるなら、IIJmioでSIMカードだけを契約すれば、今までどおり使えますし、新たに本体料金を支払って、スマートフォンを購入しなくて良いということは非常にありがたいことですね。ドコモの信頼度などはそのままで、広い範囲をカバーしている通話環境の理由からも安心です。しかもリーズナブルに利用できるという、とてもお得なサービスです

バースト機能があるので、さらに快適な低速通信

IIJmioには、バースト機能というものが搭載されています。バースト機能とはいったい何かをご説明いたします。『バースト』という機能は、低速通信時に、最初の数秒だけ高速通信を行い、Webサイトの閲覧時にページの表示にかかる時間を短縮させる機能です。このバースト機能のおかけで容量超過による低速通信時でも、Webサイトの表示速度が遅くなる問題を回避することができ、まだ表示されない!ってイラっとすることがなく、動画視聴やWebサイトの閲覧をより快適に利用できるという、人気の機能となっています。しかし技術的に難しいのか、バースト機能はIIJmioとDMMモバイルくらいしか実装しているところが見当たらないのですね。

データ通信量の翌月繰越し

料金プランによって、高速通信容量が異なりますが、使用したデータ通信量などが少なかった月には、残ってしまう月もあるでしょう。こういったことに、対処出来るのがIIJmioであり、使わずに余ってしまったデータ通信量を、翌月に繰り越すことが可能です。MVNOの中にはデータ容量の繰越を行っていないものも多いので、余らせた通信量を次の月に繰り越して使うことができるIIJmioは魅力的です。データの容量を翌月に繰り越す事が出来れば無駄なく使えますね。

2世帯家族でもつかえる!SIMカード10枚対応

IIJmioの追加SIMサービス、ファミリーシェアなら、SIMカードの最大枚数が10枚までとなっています。つまり1つの家庭に多くの人がいれば、価格差はキャリアを利用している時よりも、大幅に削減する事ができます。家族単位の携帯代で考えると、かなりの節約効果を享受出来ることでしょう。春の新しい風に乗って、家族のスマホを一新してみてはいかがですか。サポートも万全といわれるIIJmioなので、格安スマホが初めてでも安心です。オプションサービスのみまもりパックをつけると、有害サイト、不正アプリをブロックする事ができ、子供用スマホとしてもご利用出来ます。

みおふぉん月額プラン

月々の料金や通信速度など、IIJmioの概要について説明します。現在お使いのスマートフォンの毎月のお支払額と比べて、IIJmioに変えると、どのくらい通信料金を削減できるのか、ご参考にして頂ければと思います。どれだけ安くなるのか、IIJmioの料金プランを見てみましょう。

IIJmioの料金と初期費用

IIJmioの月額プランは、両近形態はデータ通信用SIMと音声通話可能なSIMとで分かれています。音声通話SIMを使うことで、070とか080とか090のつく番号が使えるようになるので、通常通り携帯電話を使用したい場合には、データ通信用SIMではなく、音声通話SIMを選ぶように気をつけてください。通話SIMの料金は、ミニマムスタートプラン(3GB)で1,600円、ライトスタートプラン(5GB)で2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB)で3,260円です。

データ通信専用SIMの月額費用は、ミニマムスタートプラン(3GB):900円、ライトスタートプラン(5GB):1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB):2,560円です。

IIJmioの最低利用期間について

IIJmioの最低利用期間、これは事前に把握しておきましょう。IIJmioのデータSIMにおいては、ここまで利用しなければならないという期間に決まりはありません。契約したものの気に入らなかった場合など、いつでも違約金を支払うことなく解約することができます。一方みおふぉんの場合は、最低12ヶ月の利用が絶対条件になります。そのため12カ月以内に通話SIMを解約する場合は、違約金として9,000円を支払わなければなりません。ただ大手携帯キャリアの場合は縛り期間がいつまでも続くのとは異なり、13ヶ月以上絶っていれば、解約手数料がかからないというのは大きな魅力です。

回線速度

昨今、数多あるMVNOサービスにおいてIIJmioは、 NTTdocomoが提供する262.5Mbpsの4GLTE回線を使用した、格安のスマホサービスです。回線速度の速さや対応可能な地域の広さには安心をご提供します。通信速度に関しても、安定して高速を保っていて、口コミサイトでの評価にも、おおむね高い評価を得ており、人気の高いMVNOであることが伺えます。通信スピードが速くてしかも料金がお手頃という格安スマホを探している人にとっては、これだと思わせるのが、IIJmioだと言えるかもしれません。

みおふぉんの通信制御

IIJmioでは、低速通信を利用していると、直近3日間の通信量によって速度制限がかかってしまうことがあります。しかし、高速通信利用中のデータ通信量は対象外なので、ご安心ください。誰もが同じように使用できるよう、多くのデータ通信を利用したユーザーには、速度制限をしています。具体的には3日あたりの通信容量が、契約時のパックプランの容量を超えたユーザーに対して、読み込み速度が遅くなる低速モードになります。直前の72時間の通信データ量が一定の値よりも下がり次第、制限は特に手続きの必要もなく解除されます。通常使用している一般的な使用量であれば、あまり適用される事のない処置ですので、気にする必要は無いと思います。

IIJmio口コミまとめ

IIJmioの良いところは、サポート満足度の高さと老舗MVNOとしてのブランド力が挙げられます。株式会社イードがおこなっている格安SIMアワードにおいて、総合部門の最優秀賞を受賞したということからも、いかにお客様に支持されているかがわかります。Webサイトでの詳しい説明や、電話でのサポートも万全なので、初めて格安スマホや格安SIMを使うという方でも、格安スマホデビューをオススメできます。

安定した速度とユーザーサポートがウリ!

IIJmioでよく聞かれる声としては、通信スピードの安定性と親切丁寧なサポートに集中しているようです。株式会社イードの利用者の満足度のデータからも分かるように、MVNOの中では顧客満足度がかなり高くなっています。このように、どの格安SIMにしようかお考えのユーザーにとって、条件のそろったMVNOの一つです。 更に、様々なMVNOの中で、長い実績とブランド力が強みであるMVNOであると言えます。高い評価を受けている格安スマホですので、格安スマホへの切り替えをご検討中の方には、信頼できるMVNOとしての選択肢の1つと言えるでしょう。

【今月開催中】割引キャンペーン