BIGLOBE SIMのキャンペーンのここが凄い!

通信速度について

BIGLOBE SIMでは、ドコモの4G回線を採用したサービスとなっています。通信速度については、何不自由ない速度ですね。いちばん信頼があり安心できるdocomoと同じ回線を利用できることが、BIGLOBE SIMの魅力的な特徴の一つです。これからのモバイルは格安スマホ、MVNOといったサービスが時代の主役になりそうですね。

BIGLOBE SIMの帯域制御

どのMVNOでもそうですが、多くの利用者が同様に快適な通信を利用できるように、データ通信を多く利用した契約者には、速度制限が課せられました。これは、直近3日間(直近72時間)で使用したデータ通信が、定められた量以上のデータを通信したユーザは、速度を制限した状態で回線を使用することになっていたのですが、2016年より3日制限が撤廃されたのです。要するに、BIGLOBE SIMには、直近3日のデータ使用量を憂慮する必要はありませんので、使いたいときに使いましょう!

BIGLOBEの格安スマホの月額料金と解約

BIGLOBE SIMの料金体系についてご説明しましょう。現在使用しているスマホの料金と比較して、今よりどのくらい費用を節約できるのでしょうか。早速、月額料金と初期費用をチェックしてみましょう。

月額プランと初期費用

BIGLOBE LTEのプランは、SIMには2つの種類があります。データ通信専用のSIMと、音声通話ができるSIMです。070・080・090という番号が音声用のSIMで利用できる番号で、通常通り携帯電話を使用したい場合には、音声通話SIMを選ばなければいけません。音声SIMの料金プランは、1GBプラン(音声通話スタートプラン)1,400円、3GBプラン:1,600円、6GBプラン:2,150円、12GBプラン:3,400円、20GBプラン:5,200円、30GBプラン:7,450円です。

データ専用SIMの料金プランは、3GBプランで900円、6GBプランで1,450円、12GBプランで2,700円、20GBプランで4,500円、30GBプランで6,750円です。

ベーシックプランとは、200Kbpsといった低速度の使い放題プランですので、このプラン意外は、LTEの高速回線という262.5Mbpsの利用となります。初期費用として3,240円が必要になります。ただし、端末を購入する場合は別途端末代が必要になります。

最低利用期間について

BIGLOBE LTEの解約縛りと違約金について、まとめましたので、ご紹介します。データ通信専用SIMを利用する場合は、最低利用期間は特に決まられていません。解約手数料は解約時期に関係なく、無料ですので心配いりません。かたや通話SIMは、12ヶ月間が最低利用期間となっています。もし都合により12ヶ月経たないうちに解約すると、手数料として8,000円払わなければなりません。大手キャリアの場合、縛り期間が自動更新されキャリアと違い、13ヶ月以上利用すればいつでも解約できますし、違約金もかかりません。

BIGLOBE SIMのチェックすべき項目

BIGLOBE LTEとは、格安SIMや格安スマホを取り扱っているサービスでMVNOの一つです。auなどの大手キャリアから、BIGLOBE LTEに乗り換えた場合、月額使用料を大幅に低くすることも可能です。毎月900円の使用料で利用できる格安SIMが注目を浴びています。docomo回線を利用しているBIGLOBE LTEは、通話可能エリアや品質がdocomoと同じだという安心感もあります。BIGLOBE SIMの独自のサービスにオプションですがエンタメフリーといったサービスがあるのです。7サービス(YouTube、Google Play Music、Apple Music、AbemaTV、Spotify、AWA、radiko.jp、Amazon Music)を通信量を消費することなく使用できるオプションサービスで、つまり通信量は無制限で使用できるとてもお得なサービスなんです。これからBIGLOBE SIMへの乗り換えを検討している方の為に、BIGLOBE SIMのキャンペーン情報・速度情報などをまとめました。圧縮した携帯料金を何に使うか考えるだけでワクワク。

docomo回線を利用したBIGLOBE LTE

ドコモの回線を利用しているBIGLOBE LTE。NTTドコモの回線を利用しているという事は、通話品質もNTTドコモと同じという事で、エリアも広くてつながりやすく、そのうえ高速通信となっています。ドコモの多くのスマートフォンは、そのままBIGLOBE LTEの端末としてご利用いただけます。BIGLOBE LTEがお勧めするスマホをセットで買って使うということも、当然可能です。SIMカードだけ購入しお手持ちのドコモのスマホを継続して使えば、新たに本体を購入する必要も無いので経済的です。要するに、安心感のあるドコモ回線のスマホがお得な料金で使えるようになるサービスがBIGLOBE LTEなのです。

SIMフリースマホの種類が豊富!

今手元にあるスマートフォンがBIGLOBE LTE非対応の場合、スマートフォンを新しい端末に買い換えなければいけません。BIGLOBE LTEのサイトを見ると販売されている端末は、10種類以上の機種が用意されており、他のMVNOよりも好みの機種を見つけやすいのが魅力です。また、スマホだけでなくタブレットやSIMフリールーターも豊富に取り揃えているため、お気に入りの端末を見つけることができるでしょう。

高速データ通信量の翌月繰り越し

各プラン毎に割り当てられる、毎月ごとのデータ容量は異なっておりますが、データの通信量はその時々で違うので、ひと月で全てを使い切れないこともあります。BIGLOBEスマホであれば、前の月に使いきれず余らせた通信量を、次の月に繰り越して使うことができます。使いきれなかったデータ通信量を繰り越すことが出来ないMVNOもありますので、余らせた通信量を次の月に繰り越して使うことができるBIGLOBE LTEは魅力的です。せっかく格安SIMにしたのにデータ量は無駄になった、なんてことにはBIGLOBE LTEならしませんよ!

通話料金が半額!BIGLOBE電話

BIGLOBE LTEでのサービス「BIGLOBEでんわ」は通話料が通常と比べて半額になるサービスです。IP電話とは違い、プレフィックス型通話サービスと言うサービスで、発信者番号が相手にきちんと通知されます。当然のことですが、ご自身が普段利用している番号が相手に表示されます。そのため、受け手側にとっては今までの電話と何も変わらないのです。IP電話のほとんどは、電話の相手側に対して非通知発信しかできなかったり、050の番号が通知されてしまったりと使いにくいところがありましたが、BIGLOBEでんわではそのようなデメリットを感じさせないサービスを提供しています。カケホーダイサービスもあるんです。

3分かけ放題

大手携帯キャリアのNTTドコモ、au、ソフトバンクが通話し放題プランを提供することで顧客を集めようとしているのに対し、その他に属するMVNOの過半数はカケホーダイと言ったサービスがないのが正直目立ちます。メリットは月々の基本使用料が安いだけだと思ってる人が大半でしょう。所が最近そういった欠点を埋めるようなサービスを始めた会社があります。BIGLOBE LTEに新しく登場したプランは、月々650円の料金で3分以内の国内通話ならば回数無制限で利用できます。しかも、このではIP電話を使わずに、電話回線を利用できるので、BIGLOBEでんわなんら変わらず、かけた人の電話番号通知することもできるので、いつもと変わらない、話し放題の電話を楽しめるのが、醍醐味です。従来の「BIGLOBEでんわ」では、通常1分間に21.6円の通話料が必要でしたので、もし1回3分以内の通話を月に合計で33分以上通話することが多い場合は、を利用する方が賢い選択です。

MAX60分の無料通話つき「通話パック60」も魅力的

さらにさらにBIGLOBE SIM利用者は、従来の3分かけ放題サービス同じ料金で、オプションで「通話パック60」での利用も可能です。これなら月々650円で1,200円分の無料通話ができて大変お得になっております。3分以上通話しないという人向けには、3分かけ放題の方をオススメするのですが、中には「たまたま友達と話が盛り上がって長電話しちゃった!」なんてことあるのではないですか?そういった方にはこの通話パック60の方がより適しています。通話オプションを上手に選択すると、格安スマホがもっと安く利用できます。

最初のひと月は無料!

SIMの契約をBIGLOBE SIMですると、始めの1ヶ月分の月額料金が「無料!」になります。SIMカードが手元に届いたら、その月が初めて1ヶ月の月になります。SIMカードの到着する日次第では、1ヶ月間タダになる訳ですね。ただ、現在お使いの携帯料金の支払いや解約手数料もありますので、どなたも月初まで待つのがお得であるとは限りません。

【締切間近】限定キャンペーン情報